スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいきんのラビアは・・・

相変わらず、この子は鉛筆が好きです

「褒められてやる気になる」 ものが、おべんきょうなんて、素晴らしいわ 

前回の「5歳児用 かず のおけいこ」をしているラビアさんですが。。。。

余りにも簡単な同様問題がたっくさんあるので・・・飛ばしながら、どんどんやっちゃいます

冊子の真ん中あたりから、違う問題が出てきたよ

「24」と「27」 どっちがおおきい
「27」と「29」 どっちがちいさい


え~っと。。。まだ教えた事ないんだけどなぁ。。。数も大きくないかい??
「らびあ、これ、むずかしい? わかる?」 と、ママ

「え~っと・・・・こっち これは・・・こっち これは・・・こっちだ

・・・・・・・何の問題もなく、すらすら全問正解していく、娘ちゃん。。。

すごぉいね~

数の「ちいさい」「おおきい」も理解出来てるなんて
ナンバーを読めるだけじゃなかったんだ

(ちなみに、英語でなら99までは、ナンバーを見て答えられます)

お勉強ダイスキらびあちゃん。
今日も学校で、「a very hungry caterpillar」をしたよって、元気に教えてくれましたjumee☆monday17
「はらぺこあおむし」日本にもあるよね。

「キャタピラーは、2回クックンに入って、2weeksでバタフライになるの
クックンってね、キャタピラーのおうちのことだよ

何かを学んで帰ってきたときの、ラビアの瞳はキラキラしているんだ

今日はもう、グーグーいびきをかいて寝ています流星

明日、またはりきって学校に行くためにねjumee☆DaNcE1
スポンサーサイト

さいきんのアピカは・・・

ほんっとに・・・ウケル 

この日も、切なげに訴えていたのだけど、それがまた、面白くてたまらなかった

なにを、そんなに、顔をくしゃくしゃにしてまで。。。

今日もドバイのピカピカお日さまの下で、今日も姫たちは元気いっぱいです
まねっこ☆おこりんぼ

胸を締め付けられる思い・・・

母になって、母親の気持ちが分かると同時に、子供が関わる様々な事件がよく目に止まるの

そして、残酷な事件がなかなか減らず、性犯罪がさらに低年齢化してる

先週、記事になってた事件。

最貧国イエメンで起こった事件。少女が出産時に赤ちゃんと一緒に死亡したの。
少女だったの、まだ。その子は。

12歳だったその子は、親に11歳で学校を辞めさせられ、24歳の男性と結婚させられた。
その1年後に、妊娠し、出産数日前から、大量の出血があったけど、病院には連れて行ってもらえず。
3日後に、搬送先の病院で、母子ともに死亡が確認されたそうです。

貧しい国では、よく起こる事件のようだけど、
お金の無い家では、少しでも家の負担を減らす為、娘を嫁に出すの。
そして、お婿さんの家からもらえる「婚資金」欲しさに。。。

まだまだ、法整理がしっかりしていないから、年齢制限がされていなくて、よく起こる事件らしいけど

でもさ・・・・・常識の範囲内じゃない?? 
(って思うのは、豊かな国に生まれたものだけが感じるのでしょうか?いや、みんなよね)

生理がきたら、結婚させろって事みたい。。。
(昔アラブもそうだったんだって)

娘がいる自分にとっては、とても他人事には思えなくって。
胸が張り裂けそうだった

数週間前に、同国で似たような事件があったばかりだったらしいのに。

8歳の少女が、29歳の男性と結婚させられたの (日本でよくある変態性犯罪の域よね!)
でも、1週間後、彼女はそこから、逃げ出した。暴力が凄かったらしい。
(性行為を拒まれて、逆上したのでは?!そこまでは書いてなかったけど)

字も書けない、右も左も分からない、親の元へも帰れない・・・・・
その少女がとった行動は・・・・・

裁判所の前で、ただひたすら、裁判官が通るのをじっと待っていたんだって。
そして、彼に泣きながら一部始終を話し、事件が発覚したそうな

彼女は、すぐボランティア団体に保護されたそうです。

子供を守るのは、本当は親のすべき事なのに、その親に売られたんじゃ・・・
彼女の胸に残った、深い深い傷は消えることはないでしょう。

貧しいゆえの、最後の手段なのかもしれないけど、少女を犠牲にするほかに、方法はなかったのでしょうか?
だからこそ、発展国からボランティア(お金も含め)などの支援が各地で活動しているはずだけど、
まだまだ、本当に必要としている人たちには行渡らないのかな?

ただただ、胸が締め付けられる思いでした。

みんなにも、このことは知っておいて欲しいと思い、記事にしました。

自分達に出来る限りの、チャリティーをしましょう。
例えば、要らないものは捨てず、リサイクルショップなどへ 手間かもしれませんが、引き取り不可能と言われた洋服たちは、貧しい国に送っています。

私も改めて、意識しなおしました。

ブログとは全く関係ない記事になってしまったけど、長々と呼んでくれた方、
ありがとうございます






今日もドバイは賑やかです♪

なんだか楽しそうにしてたので、覗きにいったのですが見つかってしまい・・・
写真だと思っているラビア姉さん。慌ててポーズをとりますが・・・ 
無理やりアピカにもさせた、作り笑顔に、注目

☆なかよし姉妹☆

アピカの成長の記録を残そうと、カメラを向けたけど、いつものノンストップトークは出ないわ・・
でも、よく話すようになったアピカの声をお聞きください

☆なかよし姉妹☆  

唯一歌える童謡は、「げんこつやまのたぬきさんたぬき」 (アピカには歌・・・教えてなかった
何度も、ラビアにリクエストしてますが「らびあ~、らびあ~」と呼び続ける健気クン、あぴか。
歌に夢中で、気づかないラビア さて、お姉ちゃん、どうする

☆なかよし姉妹☆  

動物園にいこう!の歌を歌ってますが、歌に夢中のラビア姉さん。
アピカの顔に手がぶつかったのも、気づかずに歌い続けます 
負けるな
☆なかよし姉妹☆ 4 

それでも、ビデオを撮って欲しい、ラビア姉さん 歌い続けます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チビの反撃です
アピカは一緒に遊べるようになった頃から、ラビアにこうやって、反撃するんです

最後に見せる、「やってやったぞ」 の、ニヤリ

 妹は、さらにたくましく成長中です 

☆なかよし姉妹☆ 

だって、ママがやらないからじゃん!!

・・・って言われちゃいましたたはー 洗濯して・・・お昼ご飯の用意して・・・掃除して・・バタバタ
ふと見ると、見かねたラビアがお手伝いしてくれてましたDSC01763.jpg
親の仕事をよく見ているなぁと、感心してしまいました
だって、全て仕分けしながら、たたんでいたから
トイレ用タオル・アピカのおむつ・自分の服・アピカの・ママの・・・・・
ママ ありがとらびあお手伝いしてくれてたの?うれしぃ~
ラビア だって、ままが なかなか やらないから、らびあがやってるんでしょ
・・・・と、怒られてしまいましたが・・・
DSC01765.jpg
へへへと、いい気分になったお姉さん
「ご飯の時間だから、テーブル拭いてくれないかな??」とママ。
「う~ん。。。いいよ」と、おりこうさんな返事をして、テーブルを拭いてくれました
そして、イスまでイスの足まで拭いていました
DSC01767.jpg
らびあ姉さん、すいませんねぇ~ありがとうございます
すぐ調子に乗るのは、誰に似たんでしょう

とある日は、プレイエリアに遊びに行きました アピカ、お待ちかねのお出掛けです
(いつも、パパとお家でお留守番だから・・・・)
IMG_1386.jpg
左足に・・・分かるかな?前回の指挟まって、負傷したのに続き、また負傷です
今回は、薄いアルミ板の様なもので、スパッと、切れてしまいました。。。(全部じゃなくて切り傷ね)
ママが悪かった。壊れたホワイトボードを直さないでいたから
血はたくさん出ていたけど、さすが2度目!お互い慣れっこになってきてます
IMG_1389.jpg
大きな馬にも触って、たくさんの動物の人形に大騒ぎしてきた姫達でしたIMG_1390.jpg

アピカ☆最近のお気に入りの遊びは・・・

   こすぷれ~  
DSC01762.jpg

洗濯をたたんでいると、いつも隣でゴソゴソ・・・・・・・・
あ、あぴかの~  って。ラビアのものを掘り出し
あとはお楽しみタイム

最近はパパが朝いるので、アピカには「お留守番」してもらってるんだけど(抱っこマンで大変だから)
朝ママが準備をしている頃に、むくっと起きて、
「あぴかもいくの~、がっこいくの~」 
自分でパジャマ脱いで、着替えようとするし、朝の準備は全くグズグズ言いません
(連れて行かないけどね

ラビアのお迎えには、時々一緒に (パパが居る時は、お留守番で)
ラビアのスクールバッグを持ちたがって、大泣きする時も 
自分も学校に行ってる気になってるんだろうね

だから、アピカを連れての「ラビアの送迎」は、本当に大変で
朝、学校に行く間も、トイレに行きたがったり(朝は渋滞だし、1時間のうち1箇所しかトイレは無い)
(しかも、日本のように路肩に止めてさせるような場所もなし!ってか、見つかったら罰金!!)
あむ~(何かたべたいぃ~) ってなるから、
おむつに、食べ物、飲み物、アピカ用なんちゃってスクールバッグ、一応着替え。 朝から~

アピカの入学の日まで、お互いちょっとだけ我慢ね

ふぅ~

☆平和な日々が続いてます☆

アピカがお昼寝して、時間のあるときは、ラビアさんお勉強しますjumee☆monday17
日本で買ってきたもので、「数を数えて、数の分だけ〇に色を塗りましょう」 ってやつ。
数は、英語でなら100までほとんど数えられるので、簡単にクリアしていきます
(同じの2回数えちゃったり・・・の、ミスもありますが)

ちなみに日本のこのドリル・・・5歳用なんだよ 
( ひらがなも読めるから、一緒に問題を読みながら・・・ ラビア、すごいぞ )
IMG_1374.jpg

とある日は、パパのお誕生日でした
「もっかい、とぅ~ゆぅ~したぁい~(happy birthday to you)」前々から言っていたアピカ。
ナイスタイミング 3人でケーキカットですたんじょうび!
パパはアラフォーなので、とりあえず4本にしておきました IMG_1378.jpg
IMG_1381.jpg
食のいい、あぴかさん。以外にもケーキは余り好きではなく・・・・。
周りについていた、チョコレートを食べただけで、終了でした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。