スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆嬉しいお手紙☆

お手紙って事で、もちろんラビアの話です

クラスで、「sentence of your family」みたいのがあったそうで…
家族について何か文を書いてください。みたいな。
(それを文字で表現することで、英語を書く能力を高めるのでしょう

帰ってきたラビアのバッグから、宿題など等出していたら・・・
びっくり そして、母、感激 そこに入っていたのは・・・
oct love letter 004
もちろん間違いだらけのスペリングだけど、みんなそうやって学ぶんだから問題なし
ってか、こんなに書けることに、単純にびっくり

内容はこんな感じで(興味がない方は、スルーして見てください。)
Wen I have a hrte MyMam put a bndeg.
  When I have a hurt my mum attach a bandage.(私が怪我をしたとき、ママは絆創膏を貼ります。)

My Mam do care of me.(惜しかった)
  My Mum does care of me.(ママは、私の世話をしてくれます。)

Wen I fold down My Mam put a bandg.
  When I fell down My mun attach a bandage.(私が転んだとき、ママは絆創膏を貼ります。)
  どんだけおっちょこちょいかって事が垣間見れますね

I Love My Mam and Dad.パーフェクト

I Love My Mam and Dad bicos My Mam and Dad love me.(これも惜しい)
 I love My Mum and Dad ,because My Mum and Dad Love me.
  (私はママとパパが大好きだって、ママとパパは私を愛しているから

そして、 LOVE Pernss  LOVE PARENTS

感受性が強い子なのは知っていたけれど、5歳なりたての子に、こんな風に思えるの

と、驚きでした と、同時に、母感動(もち、パパも喜んでいました
普段からの母の愛を十分に感じているのが、伝わりますはは

ともあれ、ラビアのハートは、優しく、大きくそして豊かに育っていると感じ、
嬉しい1日でした

以前に、親の愛は、子供の(心の)ビタミンって、言って貰った事があって
まさに、それだなぁ。。。と実感

そして、裏面。。。DATE(日にち)も上手に書けています・・・が・・・
oct love letter 010
滑り台で怪我をして、泣いているラビアがいます(おっちょこちょいは、自覚してる
スポンサーサイト

大人の階段上ってます☆

今日、二本目の歯が抜けました

本人もちろん大喜び
クラスメートも、外の友達もみんなラビアより大きい子達ばかりだから、羨ましかったみたい
oct sofia bdpty 002

そして、ヨーロッパから入ってきた行事で、さらにテンションUP

歯が抜けたら、その歯を枕の下に置いておきます。。すると…
夜Tooth fairy(歯の妖精)が来て、お金を置いていってくれる

もちろん、ラビアも周りから話を聞いているので、それはそれは嬉しそうに言いました

「ままぁ今日早く寝るだって、tooth fairyがくると思うから あ…でも…」

  なによ・・・。(ママ)

「パパにも、抜けた歯を見せたいんだけど…tooth fairy、歯持って行っちゃうかな

  それは困った問題ね。。きっと、ラビアがWish(望めば)すれば、置いていってくれるよ


翌朝、おはようも言わずに、枕もとの小箱を空け、大喜び

それを見ていた、あぴちゃん
「あぴかも、はがぐらぐらしゅるぅ~ って・・・おいおい


Tooth fairyはお家によってケースが違って・・・
リッチな御宅には、1万円ほど置いてあったり・・・
最初の歯のときのみとか・・・
毎回歯が抜けるごとに、200円か300円くらいとか・・・

よって、今日も早々と、小箱を枕元に用意して眠りにつきました
さて、今日はいくら入れよう

あ・・・違うね Tooth fairyが来るんだった


☆Became nice season☆

やっと、涼しくなってきてとってもいい季節

日本からの観光客は、きっとこれからのシーズンで増えることでしょう

2週間ほど前も、モールで日本人観光客に会いました。名古屋からのミセス2人組みでした
日本語を話していたので、声をかけました。
「ツアーで色々回ってきたけど、他に、見所どこかありますか??」って、聞かれ・・・

「ドバイのビラ(一軒家)とか見て回るのも楽しいですよ」と、答えました。
だって、日本では考えられない広さに住めて、プールも入り放題ビーチも行き放題
決してツアーでは見れない、1面ですよね

残念なことに、彼女たちは最終日だったので、連れて行ってあげることはできませんでしたが、
ドバイに来る予定のある方は、フリープランも楽しいと思います
(半分ずつがいいかもね

で、写真が溜まってしまったので、まとめてUPしました。
My Sweet Prinsesses (クリックして見てね

ドバイと日本

ドバイで買った、ベルギーのチョコレート
ベルギーチョコは、しっとりとしていて美味しいと評判です
お値段も・・・なので、お客様ですが
Picture 020
買ってから、裏を見ると・・・ 日本語表記 
(ドバイでは、色々な言語で表記されています
Picture 021
しかも、輸入者が「日本」
Picture 022
ベルギーから、直輸入したらいいのに。日本からの2重輸入
それほど、日本との関わりが強いのですね

ドバイ首長は、かなりの親日家なのですよ

続きを読む »

Birthday Party at POOL

2週間ほど前の事です。。。

パームジュメイラ(海の上に浮かんでいる、住宅地エリア)のプールサイドでのお誕生会。
そこの住民なら、綺麗なビーチ&プール使い放題です
IMGP0575.jpg
IMGP0549.jpg
IMGP0646.jpg
アピカも、1人でプカプカ満喫中
IMGP0634.jpg
大きい子達は、もちろん大はしゃぎ
IMGP0643.jpg
ママは、あいにくプールに入れない「あの日」の為、「たかこさん」と楽しみます
(アピカが産まれる少し前からのお付き合いで、大変お世話になっている方です」)
(赤ちゃんの頃から知っているので、可愛さも倍増なんだとか
IMGP0691.jpg

あたふた・・・・。

初めてやっちゃいました母の寝坊

スクールバスなので、遅刻厳禁

私が起きる時間の5時過ぎに、アピカが「おもらししたぁ・・・
と、1度起き、
アピカを寝せるため添い寝して・・・そのまま・・・

はっと、目を覚ますと・・・あれれ?明るい・・・・・

わぁーーーーーーー
バスが来る15分前でした

そりゃあ、もう大慌てであたふた・・・
大慌てで、子供たちを起こし、「お願いだから、早くきがえてぇぇぇぇーーーー
(マイカーが修理中のため、送ってあげることもできません!! 何が何でもバスに乗せなければ!!)

突然起こされ、子供たちは訳が分からないといった状況。。。

お弁当・水筒をバッグに詰め、とりあえず水だけ飲んで、外へ

3分ほど時間は待ったかな
その間に、「おはよう」&「いってらっしゃい」のHUGHUG
姫たちの今日のやる気チャージ
(このLOVEPOWERが無いと、1日ハッピーに過ごせないんです


今日は、たっぷりめにお弁当も入れておいたから(前夜から準備済み)丁度、足りるかな?

明日からは、気合を入れなおし、しっかり起きないと

☆ドバイを紹介します☆

私が・・・じゃないのですが。。

隣町にすんでいる、理恵さん(リムちゃんのママ)は、ドバイにてフリーのツアーガイドをしています。
そんな経験を元に・・・と、依頼が来たそうです。

ドバイ紹介のブログ すごいね

11月3日までの間(1ヶ月間)にわたり、ドバイを紹介していくそうです。
ここをクリックして、開いてね

アラブ料理のこと、イスラム教のこと、大きなモールの数々・素敵なカフェ・
きっと、行った気になって楽しめると思います

総務庁主催「世界青年の船」がきっかけで、だんな様とお知り合いになったそうです。
それってなに??詳しくはここに

学生のころから知っていたらなぁ・・・もっと大きく自分が変わっていたかもしれない!!

この船に乗って、出会った国際結婚カップル・海外に興味を持ち、住みついた人など結構いるんです。

親族・友達の誰かとか、乗らないかなぁ・・・。
将来を大きく夢見る青年がいたら、教えてあげてください

わぉ!と思った、価値観の違い(学校編)

ラビアの事なんだけどね

忙しいんだって。時間がないんだって。だから・・・

10時に1度だけスナックタイム(お弁当でも可)があるんだけど。
15分のみ

その後15分間だけ・プレイタイム

その後はまた、50分間隔で びっしり授業タイム

時間がないから、 手を洗いに行く時間もない と。

わぉじゃ、どーーーーしてんのよって話でしょ。

クラスルームには、ハンドジェル(アルコール除菌みたいなもの)があって、
みんなそれで手を除菌してから食べるんだって。
でも、それはつい最近からで。。。

「きれいにしましょう」的なイベントがあったんだけど
その前は、みんな手も洗わずにスナック・ランチタイムしていたんだって

日本みたいなお弁当ではないから、サンドイッチ・切ったフルーツ・ビスケットなどなど・・・。

みんな手で食べる物ジャーーーーーん

(ラビアは、お手拭を一応入れていたけどね。口拭き様に。)

で、最近はハンドジェルを使うようになったらしいけど・・・no washです


日本って…W除菌で、手を洗って、アルコール除菌するよね


手を洗う時間がもったいないから、ハンドジェル除菌のみ

驚愕です 

本当に、アノ学校は勉強以外は何も任せられません。。
少し涼しくなってきて、またインフルが流行り出したとのニュースも入りました。

ほんと、価値観の違いの差が激しすぎるぅぅぅぅ


いろいろな家族の形

家は、もう別居(仕事のための)が、かれこれ4年ほど経っていますが・・・。
稼ぐためには仕方のないことだと、割り切って、
私は、自分でできる限り家と子供を守っているつもりです。

先日、ラビアのお友達のお誕生会に呼ばれて行きました。
去年もクラスメートは一緒だったため、すっと仲良しの子「サナン」 (過去ブログ

部屋に入る前に、他の友達ママ(インド人)が「前もって教えておくわね。」と。

聞くところ、サナンのパパが、1ヶ月ほど前に心臓発作で突然亡くなったそうです。
その少し前に、手術をしたけれど良くならなかったそう。
年齢的にもまだ40代と若いはずです。

部屋に入ると、遺影が飾られていました。。。

まぁ、お誕生日ですから、そんなに根掘り葉掘り聞いても、傷跡に触れるだけなので
詳しく聞けませんでした。

「聞いた?私シングルマザーになったのよ。。。」と、サナンのママの方から話し始めましたが。。
「聞いたわ。私も同じシングルマザーですよ。だから、同じね!
 もう4年。私にできることがあったら、何でも言ってくださいね。」とだけ、言いました。

彼女はこう続けます。「でも、お金は送ってくれているんでしょ??」

そう。物価が右肩急上昇で上がりっぱなしのこのドバイで気がかりは「お金」

彼女には18歳の息子・10歳&6歳の娘がいます。
彼女も働いていて、朝の7時~帰ってくると6時になるそうです。
(経済状況のためか)メイドはいません。

帰ってきて、掃除して、ご飯作って、宿題見て、翌日のお弁当の準備もして(×みんな分)・・・

自分の時間すら見当たらない、今の生活で

夫を失い・・・これからの子供の学費・生活費すべてどうやって稼いでいくのでしょう??

インド人のお給料は、日本人&白人から比べると半分以下だったりします。

自国ではないので、国からの保障は何もありません。
生命保険に入っていたとしても・・・。

この国において・・・いや、どこの国でも
自国ではない国いおいて、国の保障も何もない状況で…シングルマザーで…
どうやって、彼女は生活していくのだろう??

子供の帰宅の方が早いので、近所の方のお家にお願いしているんだとか。
(かぎっ子みたいなものね。)
勉強は、兄弟同士で見ているのかな?

朝は、どうしてるの?(子供の準備&寝る時間などの)って会話で、彼女は教えてくれたの。

 どうしてか、どうやってるか分からないけど、6時になると着替えて、ここのソファーに座っているの。

ママの大変さを知っているので、自分で起きるか、お姉ちゃんが起こしてくれているか・・・
どちらにしても、自分たち子供たちで頑張って、幼いながらにもいろいろ考えているんですね。

ママのために。

インドに帰るとは一言も言っていませんでした。

私には、彼女が求めたときにヘルプしてあげることしかできません。

どんなことでも、明日はわが身。
自分にこんな事が起こったら、私はどうすればよいのだろう。

どんなに長く離れて暮らしていても、やっぱり居てくれるだけいい。

その子が大きくなったときに、もう父親はいない。

それを考えたときに、今自分は親になって子供が居て、両親もおばあちゃんも健在で
今自分が居る状況は、とっても幸せなんだなぁ。と実感しました。

何もできないかもしれないけど、何かできることはしてあげたいし、
これからの彼女たちに、幸せがたくさん訪れることを願うばかりです。

彼女のパパのご冥福をお祈りします。アーミーン。

☆スクール・・・その後☆

心配なのは、あぴチャンね
毎日行くようになってから、2週間ほどは毎朝泣いていたみたい(ラビア談)
 
あぴかの事、よろしくね 
なんて言った覚えもないし、5歳の娘にさせる気もないから言ってない。

でも、責任感の強いラビアには、少々辛かったみたい

「ままが いい~」 
と、ほぼ毎朝、教室の前でラビアにしがみついて、泣いていたんだって。(ラビア談)

だからねラビア、どうしていいか、わからなくって、あぴかが、かわいそうになって
いつも、いっしょに、なきたいきもちに、なっちゃうんだよぉぉぉぉ

瞳を潤ませながら 母に話してくれました。

(まぁ、でも子供ですから、帰ってくるころには毎日すっかり忘れているんですけどね
(でも、そんなにラビアに迷惑・負担をかける気は全く持ってなかったんだけど・・・
(そんなに、ラビアが苦労していたなんて・・・

すみませんねぇ。そんなに迷惑かけて・・・
明日からは、バスのヘルプの人に教室まで連れて行ってもらうようにするからさ 

うん。でも、だいじょうぶ だってね、きょうは、あぴか、なかないで
ティーチャーに、げんきに「ぐっどもーにんぐ」っていったんだよぉぉぉ
いっつも、ないてるのに、なかなかったのぉぉぉ
だからね、らびあも、すっごくきょう、うれしかったんだぁ
ね、あぴか あしたも、げんきにすくーる いこうね    by ラビア

(ちっちゃい、近所のおばちゃんのように、手を動かしながら話してくれました)
「うんと、あぴか。


いやいや、なんとも、こういう姉妹共に成長する姿は、なんともいえませんね

ラビアには、大変お世話になってます だからって、超甘やかす気はなし
(母ちゃん、ヘアサロン頑張って好きなの買うたるからなぁ

いろんな経験をして、たくましく育ってね娘たち


ラビアの先生は、厳しい人のようで、「授業中は関係のない話はだめです!」
とか、いろいろ厳しいらしい。(でも、みんなまだ5歳ですけど・・・)
鼻水のたくさん出る日も、「学校にあるからいいよ。」と、言うので持たせなかったんです。
そしたら、制服で拭いていたらしく、きったなぁーーーい制服で帰ってきました

うわぁぁぁぁと、思って聞いたけど・・・

聞くと、要は「1人の子にそんなにたくさん使ったら、すぐ無くなるから」って事だと思う。
ダイレクトに子供には言いませんが。ただ「ティッシュは無いわよ」って。(経費削減??)

でも、トイレに鼻をかみに行くことも禁止されているらしく・・・(トイレタイムは1度のみ)
なんか、ティッシュももらえず、トイレにもかみに行けず・・
そして、制服を超汚くして帰ってきて、母に怒られているラビアが、不憫でした。。。

家にいても、鼻たらしたまま遊んでいたりするので、口うるさく言っているはずなのに!!!!

「制服で拭く」のは、ラビアなりの苦肉の策だったんでしょう。

もちろん翌日からは、たくさんティッシュを持たせ、制服にも入れ
「何か学校で、先生に聞いてもらえないことは、ちゃんとママに言ってね」と。

元気に行きましたそして、もう汚してくることはありませんでした。

ラビアの学校生活は・・・本人楽しんでいますが、結構厳しい環境です。

10までの足し算・引き算&図形・円錐円柱・四角いのってなんだっけ??。
英単語テスト。リーディング。アラビックの単語書く練習。 こんナ感じで、毎日宿題

さすがに・・・ね。。
だから、家でのことは結構甘やかすようになりました
まだ、5歳だもんね 


ご報告

最近パソコンが壊れていて、ブログUPできませんでした。

ともかく、なんとか直りましたので、ちょこちょこまた更新しようと思います。

動画に関しては、ドバイでのセキュリティーブロックに引っかかっていて、開くことさえできません。
fc2動画には、大人向けの動画ページもあるため、イスラム国としてはNGのようです。

前は、気づいていなかっただけみたい。。

写真のみだけど、更新していきますね。

☆将来なりたいもの☆の続き

ラビアの回答は、100点満点を超えるに等しいものでしたね。

しかし、母が素直に喜べなかったのは・・・

将来・未来までも、「ママ」が マスト (必要)なんだぁ~ ってこと。

未だ、お泊りも頑なに断り続け・・・・ 
寝るときは、ごく自然に・・・ママの腕に絡まりついて寝ているラビア。
ママが好きなのは嬉しいけど、「自分のため」の夢であって欲しかったの。

だから、ショックのあまり、言いました。
  いや、ママは自分のこと自分でするからさ。大丈夫よ!心配しなくて。
  だから、ラビアは「自分が何をしたいか」を考えたら良いんだよ!


・・・・(考え込むラビア)

だって、ママのヘルプがしたいんだもん
してあげたいの


そっか。私の心の狭さに反省・・・。凄くひどい母親みたいじゃない??

 そうだね。ありがとじゃあ、ラビアが大きくなったら、お手伝いよろしくね

わかったらびあ、すぐ大きくなって、お手伝いしてあげるからね
   (そんなに、急ぎ足で大人にならなくていいからね

時間になったので、元気にスクールバスに乗り込んで行きました
ママの特大をもらってね


いやいや。朝から、壮大なスケールの話だったわ

☆将来なりたいもの~ラビア~☆

ある、娘は言いました。
「ラビアは、大きくなったらペットのお医者さんになりたいんだ
    じゃあ、病気の動物がいたら注射してあげなきゃ自分が注射怖いなんて言えないよ
「う~ん・・・・・。」(考え込むラビア)
    
(それにしても・・・学校前のこの早朝の時間に将来についての話ですか

  例えば、先生・お花屋さん・ケーキ屋さん・それとも、ヘアカットの人かな

「ラビアは、お手伝いの人になりたい


え~メイド~使用人~  母、硬直・・・。。。。。。。。。。。。。。。

この国にいると、みんなメイドさんが子供の世話しているから

お世話好きのラビア小さい子が好きメイドと言う仕事に憧れる」


う~ん。ラビアの将来、明るくないわ・・・


と…と…とにかく、続きを聞いてみました。
   ナニー(ベビーシッターの事)みたいに、人のお家で働くの
   
    (・・・・・おそる、おそる・・・聞きました。。。)




「ちがうよ。
ママのお手伝いする人になりたいんだ 
ママと一緒にご飯作ったり~、
ママが具合悪い時とかあるでしょだから
お手伝いしてあげたりしたいの



「本当に母思いの優しくていい子」 (よく考えたらね)
だけど、素直に喜べなかったわたし・・・。

どうしてか、分かりますか??   長くなるので、明日に続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。